~手で聴く、温石で感じる~  心身の痛み、詰まり、かなしみ、そして喜びや幸せ

温石(おんじゃく)

  • HOME »
  • 温石(おんじゃく)

いにしえの養生をご家庭に。

自然の形状のまま、職人さんが一つ一つ
丁寧に磨いた一点もの。
なめらかな肌触りと、確かな品質。
半永久的に使えて、お得です。

ひとつでも当てはまる方は、ぜひお試しください。

こんなお悩みありませんか?
  • 末端冷え性で、夏の冷房では足先が氷のように冷えて、指も強張ります。
  • この暑さの中で冷えているというのが、周りには分かってもらえません。
  • 上半身は汗だくなのに、下半身、お尻から太腿が冷えてスースーします。
  • お尻や太腿だけ太いです。
  • デスクワークが続くと、足首、ふくらはぎが冷たくむくんで、だるさや痛みがあります。
  • お風呂に入っても、体を拭いていると、もう冷えてきます。お腹を触るとひやっとします。
  • 腰の痛みで目が覚めます。常に冷たいです。足先がジンジンして痛みで起きることもあります。
  • 夏場もクーラーが効いている所では、トイレが近くなって困ります。
  • 夏はお腹が冷えて、下痢をしてしまいます。その場しのぎではなく、根本的に改善したい。

【図解】温めかた入門編 小冊子付 + 温石1個セット

                3,000円(税別)

アリゾナ産の玄武岩

【自然の形状のまま】職人さんが丁寧に磨いた一点もの。
手のひらに収まる大きさと重さ、なめらかな肌触りが魅力です。

はじめてお試しになるのにピッタリな、小ぶりサイズ。
旅行などの持ち運びにも、便利!!

写真付き活用法の小冊子温石のセットで、すぐに始めていただけます。
*2019年5月より、温石に絵柄のペイントはございません。

 

お求めは、あろま養生♡温石の提携サロンにて

温石の提携サロン

 

その冷え、「手足」ではないのかもしれません?

なぜ<冷え>に悩んでいる女性は、こんなに多いのでしょう?

更に月経痛や様々な婦人科系のお悩みから、尿失禁、過活動膀胱、骨盤内臓器下垂まで。靴下重ね履きや腹巻でも冷えが改善されないとしたら<防寒>では事足りないのかもしれません。

冷えは、手足ではなく、貴女の内部に蓄積しているとしたら?

<防寒>から<冷え取り>へ
温石(おんじゃく)という言葉は、平安時代、温めた石を胃腸に当てて暖をとったことに由来しています。

冷えた内臓や骨盤内など身体の【深部】が温まることで、はじめて手足の毛細血管まで十分な血液が行き渡ります。手足が温まるのはその後なのです。からだには優先順位があるということです。

現代女性は、まず【骨盤底】を温めていただきたい!
子宮や膀胱、直腸などの粘膜に近い下腹部から、温石で心地よく温めるという、現代版『冷え取り』養生。女性の身体の構造だからできる温め方の決定打です!

 

 

温石を活用していただいている方々のお声

 

  • 自分のお腹がこんなに冷えて固かったんだと触ってみて初めて分りました。(40代女性)
  • 生理痛の時に温石をお腹にのせてみたら、痛みが和らぎました。じわっと温まる感があり、思わず寝入ってしまいました。(40代女性)
  • ずっと便秘がちだったのに、その日のうちにドカンと出て!びっくりしました。お尻や腎臓辺りを温めたら、朝方いつも冷たいお尻が冷たくなかったので、毎日やろうと思います。(30代女性)
  • 気に入って購入し毎日温石を乗せています。母にもやってあげたら、とても気に入った様子なので、もう一つ購入したいと思います。(30代女性)
  • 温石、使わせていただいてます。タオルで包む方法で使用しています。本当に保温時間が長く、驚きましたし、長い間、色々なところが温まります。また、温石を当ててる瞬間だけでなく、その後も身体の保温効果が持続していることにも驚きました。
  • 温石の丸みが身体のどこに当てても不思議とフィットして、力を加えなくても程よい気持ちよさと刺激がとても心地良いです。私は最後に頭を温石で滑らせてます。頭も自分の手で押すよりも楽で、気持ちよくて……頭も凝ってるんですね。そのまま寝てしまいましたが、翌朝、頭がすっきりしていました。
  • 単身赴任中の主人が帰ってきたときにやってあげましたら、大絶賛してました。毎回、そのまま寝てしまいますが…(笑)
  • 至福な温石タイムを過ごせることに感謝してます。本当にありがとうございます(^-^) これからも大切に使わせていただきます。(40代女性)
  • わたしが毎日疲れてすぐ寝てしまい・・・毎日は使えていませんが、お休みの日の寝る前にやったりしてます。自分のお腹の固さにびっくりします^^まだ体の調子、変化がわかるほどトライしてないのですが、リラックスすることは感じます。いつもよりさらに寝つきがよくなります。
  • 娘には一回、夫にも一回しました。娘は、最初やりたくないと言っていたのですが(笑)いざやってみると暑い夏なのに、あったかいものをおなかに乗せるのは気持ちがいいんだね・・・と意外だったようです。そして温石体験はサロンぽくてVIP待遇に満足げでした^^
  • 夫は、足の裏に置くと気持ちがいいといっていました。夫は、寝るときに、つい仕事の事が頭にうかんで目がさえてしまうらしいのですが、気持ちよさに負けてすぐ寝てました。リラックスできたんだと思います。
  • みんな学校や仕事をそれぞれ頑張って外で気をはっているので、なかなか心底リラックスできてないのかな・・・と感じました^^;(40代女性)
  • 体がポカポカと温まってきました。お腹はとても大切な場所という気がするので、家族にやってあげるとき、優しく触ることに……そうすることでなぜか自分も嬉しい気持ちに。(40代女性)
  • 自分のケアはもちろん、家族に私の手でトリートメントすることで、コミュニケーションをとりながら、手から気持ちを伝えられることに、とても魅力を感じます。温めた温石を体のあちこちに当てながら、頑張ってくれている体をほぐし、美容と健康をさらに充実させたいなぁ(*´∇`*) (40代女性)
  • 使う時間が無いと思っていたので(笑)効果もどうかな?という感じだったのですが……肌荒れや、酷い吹き出物ができることがなくなったように感じています!!
  • 購入を迷っていた私を一押ししてくれたことに感謝です(^ ^)まだまだお腹を触ると固かったり、押すと痛い感じがするお腹です。これからも継続して使用していきたいと思います。(50代女性)
  • 使い始めるまでは、お湯につけて温めるのが面倒かなと思いましたが、お湯の中から石を取り出すと、あっという間に乾いてしまうので拭く手間もなく意外と簡単でした。
  • 私はいつも睡眠導入剤を飲んで寝るんですが、それでも眠るまでに時間がかかります。温めた石をお腹の上に載せて寝ると、いつもより寝つきが良くなって、なかなか眠れない・・・ということが少なくなりました。今は毎日石を載せて寝ています!(40代女性)
  • 夏の朝、南の窓際に石を置いておくと、夜使う頃には、ちょうどいい感じの温度になっているので私はお湯で温めていません。温まった石にオイルを塗って、デコルテや顔のマッサージに使っていますが、手でマッサージするより翌日の引き上りが格段に違います。
  • 力もいらないしお手軽で効果大。使ってよかったー!(30代女性)
  • かっさと同じような感じかなと思っていたので、多少の痛みは覚悟していたのに、痛みなんて全くなく、石なのに柔らかいと錯覚してしまうほど心地よさ。あの温かさにやみつきです!
  • 良いものを紹介してくれてありがとう!(^^)! (50代女性)

温石とは

平安時代末期から、胃腸などに当てて暖をとるため、石を温める風習がありました。その温めた石のことをいいます。
禅僧のお坊さんが、温めた石を<懐に入れて>空腹感や寒さを和らげたということが、懐石の名の由来ともいわれています。

『あろま温石』は、職人が丁寧に研磨したアリゾナ産の玄武岩を直輸入しています。玄武岩とは、マグマが冷えて固まった火成岩の一種。比較的ゆっくり冷えて固まったもので、保温性が高いのが特徴です。

骨盤底とは

骨盤底は筋肉、靱帯、結合組織がハンモックのようにつながっていている臓器。子宮、腟、膀胱、尿道、直腸を支えています。

骨盤底筋(骨盤底筋群)とは骨盤の底にあって膀胱や直腸などを支えている筋肉の総称です。

現代女性は、この骨盤底と、骨盤底に支えられている骨盤内が冷えて血流が滞っているのが、慢性的な冷えの一因ともいわれています。

 

なぜ、骨盤底を温めるの?!

人間の皮膚は外部とのバリア機能を果たしていて、ウィルスや熱を不用意には通さないようになっています。

一方、粘膜は皮膚のような角層を持たず、粘液で守られています。

使い捨てカイロなどで温めた時の熱の伝わり方が体表に近い部分への広がりであるのに対して、口という粘膜から温かい飲み物を摂取した時は、食道から胃、腸にまで温かさが流れ落ちるのを感じられるのは、このためです。

からだの深部は口から肛門まで一本の管(くだ)でつながっています。

<冷え取り>に温かい食事が良いように、下腹部の粘膜に近い『骨盤底を温める』ということは、深部の<冷え取り>に効果的な温め方なのです。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 080-3080-7051 営業時間:10:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © あろま養生 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.