からだに寄り添う施術者は、50代からが面白い。

   「あろま」と「からだ」の話をしませんか ①

基本、身体感覚の世界です。
自分で想像できない感覚やお悩みに寄り添い施術していくのは
不可能とはいえないまでも、実際はなかなか難しいものです。

例えば、肩こり

自分では一度も肩がこったことがない施術者がいたとして(素晴らしい!)、肩こりをほぐすことは出来ても、ほぐれていくときの、あの固い木の芽がほころんでいくような感覚、毛細血管や毛細リンパが動き出してむずむずするような感覚、そんな幸せな瞬間をありありと共感するのは難しいのです。

この違い、実は大きいのです。
施術の意識がどこにあるかということとつながっていくためです。

外部からほぐそう、ほぐそうとすると、圧したり、もんだりする方ばかりに意識が向きます。

一方、ほころぶという内部の身体感覚を、自分のこととして知っていると……
固くなっている箇所をじんわり押し広げながら、それを除圧(ゆるめる)瞬間に意識が向くようになります。

さらに、ミラーリング効果で、自分自身の肩も同時に緩んでいきます。

こういった内外の身体コミュニケーションが無いのはさみしいと思いませんか?

サロンのお客さまが通うリハビリでは、骨折した親指が再び手のひらに付くまで曲げられるように訓練するそうですが、「(リハビリでは)痛くてちっとも曲げられないのに、サロンで施術を受けていると、心地よくて眠ってしまう内にぴったり手のひらに親指が付くようになっている」と。

これも、曲げる方ではなく、ふわ~んと離す方へ施術者の意識を向けるだけで、からだへの刺激の質が変わってきます。

肩こりの話しに戻りますが、自分の中に身体感覚があると
その肩こりが生じる環境にも思いを馳せることができます。

人は一人一人違うのですから、全く同じ状況というわけではありませんが
長時間、肩がこる体勢で、一心に何か取り掛かっている状況が、自分のことのように浮かんできます。

必ずしも、その姿勢で、それ程まで根を詰めてする必要はないのかもしれません。
誰かと分担することだって出来るのかもしれないのです。
つまり、自ら、<その肩こりを選んでいる>のです。

そんな精神状態を推し量ることも、大人の経験値の為せる業です。

共感が全てと言いたいわけではありません。
分かったような賛同を相手に伝えることでもありません。

自分の身体感覚から、今、施術で起こっている感覚をつなぎ合わせる作業のことを言いたいのです。

じゅりじゅりと音がしていた「うっ滞箇所」が、温まって、ほぐれて流れだす瞬間が、指腹や手のひらで分かる。その瞬間、お客さまの気分が、ふ~と楽になったのを感じ取れる……肩のコリの反対側には、『胸の詰まり』があるからです。らだの詰まり』は、お一人お一人の思いの場所と直結しています。

私たち施術者は職場やご家庭でのお悩みを解決してさしあげることはできません。
出来るのは、思いが詰まらせた箇所を、それと気づき、温めほぐしていくこと。

ところで、従来のアロマトリートメントには、「立ち止まる」という瞬間がほとんどありません。
立ち止まる=次の手技は何だったかな?と迷っているのと同義語。
流れるような優雅なリラクゼーションの施術。それ自体はとても良いことだと思います。

それでも、リラクゼーションのその先を求めるとき
施術中、立ち止まるということは、心身の詰まりに気づいた瞬間ということです。
気づいて、<共に居る瞬間>がなければ、からだ内部の詰まりは解消しません。

話しが、冒頭の「50代が見えてきた人の働きかた」というところから離れたように思われるかもしれませんが、この身体感覚こそが、大人の女性の心身の経験値であり、「施術者として生きていく可能性」なのではないでしょうか、というご提案です。

私たちは、万人に寄り添うことはできませんが
自分の寄り添える人たちがいる
別の人が寄り添える人たちがいる
だからこそ、通いのサロンは、一丁目に一つあっていい
そう思いませんか?

施術者といっても

チェック 生業にするかた

チェック フリーランスの職業があり、スケジュール調整の副業にされるかた

チェック ご家庭での養生(ケア)、介護などに活用するかた

その活かし方は様々です。
50代から始めるのに、施術というのは有望な選択肢だと思うのです。

施術は体力勝負!?そう思っている方もいるかもしれません。
体力ではないのです。
体力勝負=筋肉を筋肉でほすぐ、という意味ではないでしょうか?

私たちの寄り添う箇所は、筋肉ではありません。
肩こりでさえも、僧帽筋をほぐすのではなく
骨との付着部分、骨の際の一つ一つを
丁寧に温め、押し広げ、流していきます。
そのお話しは、また次回に。

12月14日 世田谷区経堂駅1分 アロマパティオにて
あろま養生施術のレッスンいたします!!

━─━─━─東京━─━─━─
東京:月ライン 定員4名さま 承り中!!
背中から、むくみなど内臓の疲弊を読み取り、施術する方法

12月14日(木曜)
前半4時間10:00~14:30 (30分昼食休憩)
_座学&講師の施術を受ける体験
後半4時間15:00~19:00
_実技レッスン
8時間 座学&実技レッスン代: 39,600税別 (入学金無料)
*前半のみ、後半のみの受講も可能です。
*残りの4時間は、後日あらためて、受講いただけます。

会場: アロマパティオ AromaPatio

小田急線 経堂駅 徒歩1分
世田谷区経堂1-19-3 YRビル2階

あろま養生施術レッスン ~月~
お申込み/お問合せは、こちらから。

◇習いたいかた(詳細)